健康と医学

ビタミン、ミネラル及び脂質について

本日は先日の糖質とたんぱく質に続き、ビタミンとミネラル、そして脂質について書いていきたいと思います。

これで五大栄養素を制覇ですね^^

ビタミンについて

ビタミンCが豊富なレモン

ビタミンは三大栄養素と違い、エネルギーになる成分ではありません。しかし、人間が健全に成長して健康に生活していくのに必要な働きをしています。

イメージ的には他の栄養素(糖質やたんぱく質など)をうまく吸収させる働きをする感じですね。

ビタミンには水溶性のビタミンと脂溶性のビタミンがあります。要するに水に溶ける成分か脂に溶ける成分化の違いです。

それぞれ特徴があり、水溶性ビタミンは尿などから体の外に出やすいです。逆に脂溶性ビタミンは体の中に蓄積されていきます。

そのことをふまえるとバランスよくビタミンを摂取するには水溶性ビタミンは摂取する頻度を多くし、脂溶性は脂質と摂取すると効果的です。

主なビタミンには下記の成分があります。

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB12

まだまだありますがこのくらいにしておきます。

ミネラルについて

ミネラル豊富な海藻類

ミネラルはビタミン同様人間の体の維持及び健康に欠かせない成分です。摂取量が少々でよいのもビタミンと似ています。

ミネラルは体の構成成分にもなっているという点でビタミンとは異なります。

主なミネラル(無機質)として下記があります。

  • カリウム
  • マグネット
  • カルシウム
  • リン
  • 亜鉛
  • マンガン

脂質について

まず脂質にはゴマ油やなたね油のような液体とバターやマーガリンのような個体の脂があります。

漢字が違うんですね。常温で液体の方が「油」で要冷蔵で個体の方が「脂」なんですね。

脂質は三大栄養素のひとつであり、最も高いエネルギーになります。

脂質は体の中では作ることのできない必須脂肪酸が含まれていてとても重要な役割をしています。体の細胞膜の成分やホルモンの成分になったりするそうです。

脂質は脂溶性ビタミン(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなど)と一緒に摂取すると効果的です。

脂質についての豆知識を少し書きたいと思います。
食品に含まれる脂質の種類には大きく分けて二つあります。
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。
飽和脂肪酸は動物性食品に多く含まれており、常温で固体の脂質ですね。

摂りすぎると血液中の中性脂肪を増やして血液の粘度を出して心疾患のリスクを高めます。
次に不飽和脂肪酸ですが、不飽和脂肪酸は植物油や魚脂大豆油などに多く含まれ主に常温で液体の脂質です。