健康と医学

細菌とウイルス

細菌とウイルス。

最近だと新型コロナウイルスが流行っていますよね。

ウイルスや細菌はとても怖い

細菌とウイルスはとても怖いものです。

また、細菌とウイルスは似て非なるものだそうです。

細菌とウイルスについての違いなど

まず大きさについてですが両方とも当たり前ですが肉眼は見ることはできません。細菌は細胞を持っていて自己複製能力を持っているそうです。

ようは一つの細胞しかないので単細胞生物ですね。

イメージ

光学顕微鏡を使用すると細菌をみることができるそうです。

有名な細菌で言いますと下記の細菌があげられます。

  • サルモネラ菌
  • カンピロバクター菌
  • 腸炎ビブリオ
  • 黄色ブドウ球菌

まだまだありますが、細菌の種類をすべてあげていたらきりがないのでこの辺でw

細菌は栄養源さえあればどんどん増殖してしまいます。

なので治療には細菌をなくすために抗生物質が使われることが多いです。

ただ、細菌といいましても悪い細菌ばかりではありません。

良い細菌もあります。

例えば、納豆菌。

納豆

いわずとしれた日本食の納豆には納豆菌が含まれてますよね。

納豆菌は体に良い細菌です。

ここで納豆菌について豆知識を少し書きたいと思います。
納豆菌とは細菌の一種で納豆を作るのに欠かせないもの。当たり前ですが。
納豆菌は身近な田んぼや畑枯れ草に存在し、とりわけ稲わらに多く生息しています。
煮大豆に納豆菌を加えると発酵の過程でタンパク質を分解して美味しさの成分であるアミノ酸を生成し、納豆が出来上がります。
加える納豆菌の種類によってネバネバ具合や味、ニオイなど仕上がりなどの特性が変わるそうです。

なのですべての細菌が悪いとは一概にはいえません。

ウイルスは大きさが細菌の50分の1くらの大きさしかないそうです。

ウイルスイメージ

とても小さいですね。

ウイルスは人の体にはいると自分自身をコピーして増えていきます。

ウイルスがやっかいなのは抗菌薬(抗生物質))が効かないことです。

また、抗ウイルス薬もまだまだ少数しか開発されていません。

ウイルスもすべてが人に影響を及ぼすものではありませんがとても怖いですよね。

有名なウイルスだと下記のウイルスがあります。

  • コロナウイルス
  • インフルエンザウイルス
  • 麻疹ウイルス

細菌と同様にウイルスも数限りなくあるのでこの辺でw

本日は細菌とウイルスについて書かせていただきました。