健康と医学

花粉症について

本日は花粉症について書いていきたいとおもいます。

花粉症、嫌ですよね。私も花粉症持ちです。

ちなみにスギ花粉がだめです。

花粉症の代表的な症状として下記の三つがありますよね。

  • 鼻水
  • 鼻詰まり
  • くしゃみ

上記三つが花粉症の三大症状と呼ばれているのですが私的には目のかゆみも加えたいところです。

スギ花粉の時期になると鼻水鼻詰まり、くしゃみ、そして目のかゆみと私はほぼすべての花粉症の症状が出てしまいます。

できればスギ花粉の時期はフルフェイスのヘルメットを被って生活したいくらいですw

さて、では花粉症とはなぜ起こるのか、について書いていきます。

花粉症とは鼻腔内にスギ花粉等が入ってくることによって植物の花粉に対する免疫反応で鼻水等が出ることをいいます。

もちろん花粉症はスギだけじゃないので一年中花粉症に悩まされるという人もいます。

メカニズムとしては花粉が鼻腔の細胞に付着するとヒスタミン、ロイコドリエンなどの物質を放出し、放出されたヒスタミン等が鼻の神経を刺激して花粉症の症状(鼻炎)が発症します。

なので花粉を体内に取り込まないのが一番の対策となります。

私はスギ花粉の時期になると毎日マスクとアイボンは欠かせません。

今年はコロナウイルスの影響もあってステイホームだったのでそこまで花粉の影響をうけることはありませんでしたが。

コロナウイルスがなくても私はスギ花粉の時期はマスクをしています。

あと外出時から帰った後に花粉を落とすスプレーを服に吹きかけます。家の中になるべく花粉を持ち込まないようにするための対策ですね。

最近だと鼻の下に塗るイオンみたいな商品もでてますよね?使ったことないので効果はわかりませんが、効くのであればぜひ使いたいですね。

とにかく花粉症の方はなるべく花粉に触れない、それが一番だと思います。

花粉症のお薬もありますが眠気がでるものが多いので車の運転や危険な作業をする人は使うのを控えたほうが良いです。

スギ花粉だけでなくヒノキ花粉も有名ですよね。

ヒノキについての豆知識を書きたいと思います。

ヒノキ花粉の特徴として檜の木は雌雄同株で一本の樹木に雄花と雌花が咲きます。花粉を作るのは雄花で杉と同じく風に花粉を運んでもらいますす。

通常スギよりも檜の方が遅く飛散しますが近年はほぼ同時期に飛散するようになっているそうです。


ヒノキ花粉症の症状としてはスギ花粉と同様くしゃみ鼻水鼻づまりなどが主な症状だそうです。

その他に目の痒みや頭がぼーっとしたり頭痛、喉や皮膚のかゆみやだるさ、不眠などの症状が出ることもあるそうです。花粉症だと言って甘くみずに早めに病院に行くことをお勧めします

本日は花粉症について書かせていただきました。