健康と医学

糖質とたんぱく質について

本日は糖質とたんぱく質について書いていきたいと思います。

まずエネルギー源となる栄養素として糖質、たんぱく質、脂質があります。この三つを三大栄養素と呼びます。

この三大栄養素にビタミンとミネラルを追加したものが有名な五大栄養素といいます。

五大栄養素イメージ

五大栄養素のうち本日は糖質とたんぱく質にフォーカスを当てていきます。

糖質について

糖質の代表 パン

まず糖質についてですが、最もエネルギー源として使われやすいです。

糖質が不足してしまうと筋肉を分解してエネルギーを作り出したり、脳への必要なエネルギーが谷なくなってしまいます。逆に糖質を摂取しすぎるとエネルギー源以上になってしまい、脂肪に変わります。

糖質をエネルギーに変換するにはビタミンB1が必要になります。なので豚肉などビタミンB1が多い食材と摂取するようにしましょう。

ビタミンB1が多い食材を下記に書いておきますね。

  • 豚ヒレ
  • 豚もも
  • そば
  • 真鯛

まだまだありますが代表的なものは上記に記述したものです。

糖質についての豆知識を少し書きたいと思います。
まず糖質が体内でどんな働きをするのか。糖質は体の主要なエネルギー源です。
吸収されて血液と一緒に全身をめぐり体の中で1Gあたり約4キロカロリーのエネルギーになります。
基本的に脳は血液中の糖質が主なエネルギー源なので極端に糖質が不足すると意識障害などが起こることがあります。まあ基本的にはこのようなことは起こりませんが。また、糖質は同じエネルギー源でも脂質やたんぱく質を比べると、素早く使えるという特徴があります。
ブドウ糖はすぐ吸収されるって事ですね。糖質の体内の存在量は意外に少なく
血中のブドウ糖のほか、肝臓や筋肉にグリコーゲンとして少量を貯蔵しているだけなのです。
使われなくなった糖質は脂肪となって体に溜まっていきます

たんぱく質について

たんぱく質イメージ

たんぱく質は筋肉や内臓を作るのに必要な栄養素です。爪や髪の毛もたんぱく質でできています。また、ホルモンや免疫細胞も作ります。

たんぱく質は摂取すると分解されて体内でアミノ酸に変化します。アミノ酸には必須アミノ酸とそうでないものがあります。

必須アミノ酸は食事から摂取しないといけない成分です。種類は9種類あり、下記の通りです。

  • トリプトファン
  • リシン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • スレオニン
  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • ヒスチジン

バランスが大切になってきますので例えば穀物等リジンが不足しているものと動物性たんぱく質(リジンが豊富)を一緒に摂取するとよりバランスが良くなります。

本日は糖質とたんぱく質について書かせていただきました。

次回はビタミン、ミネラル及び脂質について書いていきたいと思います。