健康と医学

BMIは大切

本日はBMIについてと生活習慣病について書いていきたいとおもいます。

BMI(体重指数)の計算式はどこの国も同じですが、数値の評価水準は国単位でそれぞれ違いがあり、(社)日本肥満学会ではBMI22が標準体重、BMI25以上の場合だと肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と広報しています。

ようは肥満かそうじゃないかを表した数値がBMIということになります。

肥満になると様々な問題がでてきます。

肥満にも種類があって内臓脂肪が多い肥満が生活習慣病のリスクが高い肥満ということになります。

病院でCT検査し腹部の脂肪が100c以上であれば内臓脂肪と判定されるそうです。

生活習慣病は一度なってしまうとなかなか完治というのが難しいのでやはり日頃の生活習慣が非常に重要になってきます。

肥満が原因でなる生活習慣病で有名なものは下記の病気があります。

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 不整脈

まだまだたくさん生活習慣病はあるのですがすべてあげていたらきりがないので有名なところだけピックアップしました。

BMIを維持する、そして生活習慣病にならないためにはやはり早寝早起き、栄養バランスのとれた食事、そして適度な運動が大切ですね。

なにごとも適度が大切です。

カロリーを取らないようにと過度なダイエットをすると基礎代謝を下げることにつながり、そうなると脂肪を燃焼しにくくなります。

結果として内臓脂肪がたまり、生活習慣病になってしまうという悪循環なってしまいます。たくさん食べてもその分運動すれば問題ないのです。

また、適度な運動も有酸素運動がいいと言われていますね。

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • サイクリング

この辺がすぐにでも取り組める有酸素運動かと思います。

日頃から食事や運動をしてBMIを意識するようにしましょう。

そうすれば自然と生活習慣病にかかりにくい身体づくりができるはずです。

BMI結果のアドバイスを下記に記述します。

まず、BMIが18.5未満の方は、やせていると判断されます。

肥満は健康の大敵ですがもちろん痩せすぎも良くありません。
普段から食欲がなかったりする場合はきちんと運動するようにして食欲を上げて
健康を保つようにしましょう。
続いてBMIが18.5から25未満の方は、標準の範囲内と判定されます今の体重をキープするように心がけてください。
ただ、体重は標準でも体脂肪率の高い「隠れ肥満」の可能性もあるそうです。運動不足には気をつけてしっかりと健康を維持するようにしましょう。
BMIが25以上の方は肥満気味であると判断されます。
肥満は健康の大敵なので食生活を見直して適度な運動を取り入れて自己管理をするようにしてください。